フランチャイズの基礎用語

加盟案内書を見たり、FC本部の担当者と話をするときに言葉を曖昧に理解しておくと不利なFC契約を結んでしまい後悔することも起こります。ここでは、FC経営が初めてという方にFCビジネスでよく使われる用語を解説します。


フランチャイズの基礎用語

ロイヤリティ
加盟金・加盟料
保証金
スーパーバイザー(S・V)
フランチャイズ・パッケージ
マニュアル
資金調達
償却前利益(キャッシュフロー)
 

スポンサードリンク
 フランチャイズの基礎用語
 資金調達

商売に必要な資金の不足部分を第三者から借りて都合をつけることを資金調達といいます。


開業時には、加盟金や保証金のほかに設備費などの多額な資金が必要になります。このすべての資金を手持ちの自己資金で賄うことができないことがあります。このときの不足する資金の調達には、2つの方法があります。


1つは、リースという方法で、機械や設備を買って使用する代わりにリース会社からその機械や設備を長期間借りて使うこと。中途解約は認められない。資金を金融機関から借りたことと同じ意味を持ちます。


銀行からの資金の借り入れと違い、保証人は要求されますが不動産などの担保を供給されることは少ないです。銀行よりどちらかといえば、資金の調達がしやすいから積極的に利用したい方法です。


本部では、開業時に必要な設備や機会の購入代金の一部をリース会社を斡旋して加盟店の便宜を図っていることが多いです。


2つ目の方法は、銀行から資金を借りる方法です。本部は新規の加盟希望者に金融機関の斡旋もおこなっているところも見られます。


しかし、銀行からの借り入れに際して、独立して商売をする場合に借りるケースと商売の多角化として新規事業に必要な資金を借りるケースでは銀行の見方が違います。前者は取引の実績がないため不動産の担保など厳しい条件を要求されることが多いです。


また開業時に借り入れが多いと、商売の儲けの中から毎月返済することになるため、この金額が大きい分、手取額を減らすから、無理して調達して開業することは好ましくありません。


 
 フランチャイズの基礎用語
 ロイヤリティ

 加盟金・加盟料

 保証金

 スーパーバイザー(S・V)

 フランチャイズ・パッケージ

 マニュアル

 資金調達

 償却前利益(キャッシュフロー)
 

Copyright (C) 2009 フランチャイズの基礎用語 All Rights Reserved.
 

マイルドピーリング | ミニ株で株式投資 | メールアドレスを簡単に1万個集める方法 | モテる男の特徴 | ルームフレグランス
ワードプレスのインストール方法 | 円形脱毛| 自分で建てるログハウス | 初心者でもできるSEO | 駐車違反の反則金がタダになる方法